【高校野球・南神奈川大会】 横浜が3年連続18度目の優勝!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

第100回記念大会南神奈川大会

横浜7-3鎌倉学園

今日、29日は東東京大会と南神奈川大会で決勝が行われ、新たに2校が甲子園出場を決めました

その内、南神奈川大会では3年連続出場を狙う横浜と初出場を目指す鎌倉学園が激突

試合は横浜の4番・万波の活躍が光った一戦となりました。。

4番・万波が先制点+特大HR

横浜スタジアム上段へホームランを放った万波

横浜は初回にいきなり万波が2点二塁打を放って先制します。

さらに万波は3回にもレフトスタンド上段へ2ランを放ち、一人で流れを引き寄せました。

横浜は8回にも2番山﨑が左翼へソロアーチをかけるなど、終始優位に試合を進めます。

強豪校ひしめく「戦国神奈川」で3年連続優勝!

投手陣は序盤からリードをもらったエース板川が6回途中までを4安打無失点と好投。

9回裏に連打を浴びて3点を返されますが、最後はU-18高校日本代表候補の左腕・及川が締めました。

結果、甲子園初出場目指した鎌倉学園に7-3で勝利した横浜。

神奈川では法政二の5連覇(57-61年)、東海大相模の4連覇(74-77年)に続く、史上3校目の「V3」達成となりました。

監督談

横浜の平田 徹監督は、

板川にはお前がエースなんだからと送り出した。

今年は100回大会もそうだが、去年、一昨年と甲子園で神奈川打評として思うような結果を残せていないので、今年は長く甲子園にいられるようにがんばりたい

と喜び、また新たな挑戦に顔を引き締めました。


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00028119-kana-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク