【プロ野球】 阪神などで活躍したスタンリッジが現役を引退・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

昨年オフに千葉ロッテを退団・・・

結構びっくりしました。

阪神などで活躍したジェイソン・スタンリッジ投手(39)が現役引退したことを1日、明らかにした。

正式に引退した。もう一度プレーしたいかどうかはっきりしなかったが、父として家族と時間を過ごす準備ができたと思い、決断した。日本での10年間は自分と家族にとって、とても特別

と述べた。

2001年にデビルレイズ(現レイズ)で米大リーグに昇格し、07年にソフトバンクに移籍。10年からは阪神で4年間プレーし、14年から2年間は再びソフトバンクで先発投手として活躍した。16年からロッテに移り、昨季限りで退団していた。日本では実働10年間で209試合に登板して75勝68敗、防御率3・31だった。

大リーグ・レイズ(当時はデビルレイズ)が創設されて、最初のドラフトで1位指名された選手だったんですね。これは初めて知りました。

この時期での決断ということは、昨日現役引退を発表した元巨人の村田のように7月までにNPBに戻るためにやってきたんでしょうね。そして契約できず、と。悲しいなぁ・・・

阪神では先発ローテとして活躍!

阪神時代は能見さんの次に好きでしたね。

いい投球をするのになかなか打線の援護がない印象がありました。確か、セ・リーグ防御率2位なのに8勝どまりのシーズンがあった記憶があります。

ただ粘りのピッチングでよく試合をつくっていましたね。

阪神で最後は見たかったというのが個人的にはあります。日本人扱いとなっていたし、戦力としても欲しいと思っていましたので(私が言っても仕方ないけど)。

日本での10年の現役生活(大リーグなどを含めると)、お疲れ様でした。

阪神時代のスタンリッジ


出典元

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201808020000394.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク