【プロ野球・阪神】 北條のサヨナラ打!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

昨日は大変な試合でした・・・5時間越えって

長時間だったというのもありますが、それ以上に打線のちぐはぐ感があり、見ていて疲れる試合でした。

試合内容・結果

阪神10―9ヤクルト (8月5日)

阪神がヤクルトに延長サヨナラ勝ち。連敗を2で止め、最下位を脱出した。

初回に福留の9号2ランで先制したが、4回に先発メッセンジャーが6失点と乱れて逆転されるなど、一時は5点差をつけられた。5回2死満塁からロサリオの2点二塁打、6回に北條、糸井、陽川の適時打で3点を挙げて7―7の同点とした。決勝点は7回。2死満塁から糸井の押し出し四球で勝ち越した。

9回に2死から同点とされ、11回に勝ち越されたがその裏1死一塁から、糸原の左三塁打で追い付き北條の左犠飛でサヨナラ勝ちした。

投げては4回6失点の先発メッセンジャーが降板。望月、藤川、能見とつないだが9回に登板のドリスが同点に追いつかれた。この後、桑原が勝ち越されたが逆転サヨナラで勝利投手となった。

ヤクルトは、山田哲の26号ソロでプロ野球記録にあと1と迫る12試合連続打点をマークするなど一時5点リードし、9回に追い付き、11回に勝ち越したがその裏に力尽きた。

▼北條(サヨナラ犠飛)

ここで決めてやろうと(打席に入った)。糸原さんなら還ってくれるだろうと思った。水をかけられて気持ちよかった。」

ちょっとした雑感

正直、10点は取りましたが、今日の試合だったらもう少し点が入っていたと思います。

チャンスでのもう一押しさえあれば、延長に入ること無く勝っていたでしょう。

後・・・ドリスに安定感があればねぇ。

本当に体調不良で二軍落ちした後、一軍に戻ってきてからの調子が悪いです。

その中で

でも北條は良く決めたな。

一死3塁のサヨナラの場面。犠牲フライでいい場面で注文通り、外野まで飛ばすバッティング。

前の打席ではバント失敗(9回裏)。それを引きずらず、

「俺が決めてやるんだ!」

という感じで、見事決めてくれました!

その後の糸原とのはぐシーンには感動しました。

今日も打つかな。頼むぞ、北條!


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00000157-spnannex-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク