【高校野球・夏の甲子園】 創志学園の2年生右腕が完封!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

長崎の強豪・創成館を破る

全国高校野球選手権

創志学園7-0創成館

甲子園は大会5日目。今日も4試合が行われました。

第3試合は創志学園(岡山)が創成館(長崎)との「創創対決」に快勝。

夏の甲子園初勝利を挙げた。

圧巻の奪三振ショー!

完封した西

勝利の立役者は2年生エースの西 純矢(オリックスのエース・西の親戚だそうです)。凄まじい投球を見せてくれました。

帽子を飛ばしながら、最速149km/hのストレートと縦に落ちる鋭いスライダーで三振を量産。

先発全員、6者連続を含む毎回の16三振を奪い無四球、4安打で完封

堂々たるピッチングで昨年の神宮大会準優勝、春のセンバツ大会にも出場した創成館の強力打線を完全に押し込みました。

何と言ってもコントロールが良かったですね!ストライクゾーン勝負することができ、決め球の外に逃げるスライダーを効果的に使えていたのも「グット!」です。

今大会、一番いい投手かなと個人的には思いました。昨日のプロ注目の金足農・吉田も良かったですが、

  • コントロール
  • 決め球の変化球の精度

この二つは明らかに西の方が良かった。スライダーを決め球に使うところは巨人のエース・菅野を思い起こさせました。

いやーいい投手です。彼が2年生というのは結構びっくりしましたね。

間違いなく来年のドラフト候補でしょう。これからのさらなる成長が楽しみです。


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00294322-nksports-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク