【高校野球・夏の甲子園】 小野の母校・折尾愛真が甲子園初登場!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

相手は西東京の名門、日大三

全国高校野球選手権

日大三16-3折尾愛真

甲子園は大会6日目。今日はいつもの4試合ではなく、午前9時半から3試合が行われました。

第2試合はタイガースの大卒2年目右腕・小野の母校である折尾愛真が登場。西東京代表の日大三(高山の母校)を相手に序盤から点差をつけられ、初戦で姿を消しました。

春夏通じて甲子園初出場の折尾愛真は投手陣が制球に苦しみ初回から大量失点。

先発の小野(名字が一緒)が初回に日大三打線に捕まり、まさかの初回ノックアウト。そこから4人が継投するも、日大三の強打の前に16失点。

投手陣が持ちこたえられなかったのが痛かったですね。

打線は1回表に4番・上地の犠牲フライで先制。さらに8回には斉藤が2ランを放ち一矢を報いたが初勝利を挙げることはできませんでした。

注目の「福岡のゴジラ」は

主将で3番打者「福岡のゴジラ」の異名を持つ、高校通算40発男の松井 義弥内野手(3年)は、初回の甲子園初打席で先制点を演出するチーム初安打を放ちました。

しかし、チームは大敗。

それでも本人は、

すべて自分の力不足です。思っているスイングができなかった

とうなだれていましたが、

ホームランを打ちたかったが、甲子園はすごい楽しかった

と涙はなし。

前を向いて、甲子園を後にしました。

追伸→帰郷のため、明日から一週間ほど、更新を停止します。再開後は野球以外のこともやりたいなぁ(ゲーム関連を考えていますが、まだ考え中)。そのため、タイトルを帰るかもしれませんが、今後ともよろしくお願いします。


出典元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00295345-nksports-base

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク